体系ロジック数学B 【数列・ベクトル】DVD講座 DVD全48巻+専用テキスト全4冊セット

5570

69,000円(税抜)

購入数
セット

「数学B」(数列・ベクトル)を教科書の流れに沿って、体系的に学習していきます。

 とはいえ、あくまでも大学入試を意識した授業なので、表面的な理解ではなく、入試問題を解くことも想定し、先々、あくまで、大学入試数学で「使える」解き方にもこだわった授業内容となっています。

 受講生が「なるほど!」と深い理解に到達するような授業で構成されています。


受験生の間では、「数学はパターンを暗記することが重要」とよく言われています。

 確かに、重要なのですが、「パターンを暗記」といっても、その先の目的が、「学校の中間・期末テストで点を取ればいい」のか、「大学入試で得点できるようになりたい」のかによって、その複雑さや理解の深さは変化します。


 近年では、大学入試センター試験でも、高得点を取るためには、かなり複雑な事項を、どのパターンかを瞬時に判断することが求められています。


 複数のパターンを組み合わせて答えを導き出すような一見、難解な問題になっているのです。


 制限時間内に正答を導き出すには、「公式に当てはめる」的な発想では合格点は取ることが極めて難しくなっています


 この傾向は、進化していく大学入試問題に関して、今後も続いていくことでしょう。


 この授業動画では、扱っている内容は、高校の教科書レベルと、ちょっと超えた程度の「基礎」とはいえ、あくまで、「大学入試」問題を解くことを前提として、まずは、パターンを最小限に絞りつつ、網羅的にしっかりと理解し、多くの類題を解いていくことで、確実な得点力も身につけます


 理解し、実践を講師とともに行うことで、確実にモノにすることができるような授業構成になっています。


 授業が終わった後、別な問題集で・・・というよりも、この講義内容を十分に復習すれば、教科書レベルを超えた次のステップに進むだけの実力と得点力を身につけることができるでしょう。


 の授業で重視しているものは、「網羅すること」です。


 問題パターンの習得が数か所抜けていたり、あるいは、問題演習不足に起因するケアレスミスが頻発していたりする状態であれば、その後に解く、応用問題、入試問題〜センター試験過去問、第一志望大学過去問を解いていく上で、大きな障害となります


 長期的に見れば、きわめて学習効率が悪くなってしまうのです。


 数学が不得意な人は、パターンの理解・吸収・実践のために、あるいは、数学が得意な人も、より完璧に基礎的事項を速く正確に解くことができるか、抜けているところはないかのチェックのために、この講座を上手に活用しましょう。


 学校の授業を受けていないこと前提で解説していますので、進学校に通っている高校生であれば、学校の授業の予習として活用することもできるでしょう。


 進学校に通っていなくても、この講座を一通り終えることで、進学校の授業よりも少し上のレベルの実力を身につけることができます。学校の授業を受けていないこと前提で解説していますので、現在学校で受けている数学の授業のレベルは全く気にする必要はありません。


 とはいえ、各章の最後では、「大学入試問題」も取り扱っていますので、その章で学んだパターンをどのように入試問題に当てはめていけばいいのか、授業を受け、十分に復習することで、入試問題までの全体像を把握することができます。早い段階で、大学入試本番で要求されているレベルを知ることは、今後、難関大学を本気で目指す受験生にはとても大切なことです。


 大学入試に向けてどのように勉強すればいいかも身につけることができるようになっています。



あんしんの満足保証